コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川泉 はせがわ いずみ

2件 の用語解説(長谷川泉の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

長谷川泉

文芸評論家・詩人。大正7年(1918)千葉県生。灯台国文科卒。近代文学の体系的・方法論的研究を続け、『近代への架橋』などを発表、『近代日本文学 鑑賞から研究へ』で久松賞受賞。『森鴎外』論考『川端康成論考』、また詩集『心象風景』等がある。学習院大などの教壇にも立つ。医学書院顧問。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川泉 はせがわ-いずみ

1918-2004 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
大正7年2月25日生まれ。医学書院にはいり,編集長をへて昭和53年社長,のち相談役。その間文学研究をつづけ,34年「近代日本文学 鑑賞から研究へ」で久松潜一賞。清泉女子大教授,東大講師,森鴎外(おうがい)記念会理事長などをつとめた。平成16年12月10日死去。86歳。千葉県出身。東京帝大卒。著作はほかに「森鴎外論考」「川端康成論考」,詩集に「不惑彷徨」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長谷川泉の関連キーワード米騒動干渉戦争新聞小説東欧演劇母性保護論争スペイン風邪米騒動ジーリチェコスロバキア芥川竜之介

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長谷川泉の関連情報