コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川泉 はせがわ いずみ

美術人名辞典の解説

長谷川泉

文芸評論家・詩人。大正7年(1918)千葉県生。灯台国文科卒。近代文学の体系的・方法論的研究を続け、『近代への架橋』などを発表、『近代日本文学 鑑賞から研究へ』で久松賞受賞。『森鴎外』論考『川端康成論考』、また詩集『心象風景』等がある。学習院大などの教壇にも立つ。医学書院顧問。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川泉 はせがわ-いずみ

1918-2004 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
大正7年2月25日生まれ。医学書院にはいり,編集長をへて昭和53年社長,のち相談役。その間文学研究をつづけ,34年「近代日本文学 鑑賞から研究へ」で久松潜一賞。清泉女子大教授,東大講師,森鴎外(おうがい)記念会理事長などをつとめた。平成16年12月10日死去。86歳。千葉県出身。東京帝大卒。著作はほかに「森鴎外論考」「川端康成論考」,詩集に「不惑彷徨」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長谷川泉の関連キーワード伊豆の踊子新聞小説井上靖

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android