コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川泉 はせがわ いずみ

2件 の用語解説(長谷川泉の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

長谷川泉

文芸評論家・詩人。大正7年(1918)千葉県生。灯台国文科卒。近代文学の体系的・方法論的研究を続け、『近代への架橋』などを発表、『近代日本文学 鑑賞から研究へ』で久松賞受賞。『森鴎外』論考『川端康成論考』、また詩集『心象風景』等がある。学習院大などの教壇にも立つ。医学書院顧問。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川泉 はせがわ-いずみ

1918-2004 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
大正7年2月25日生まれ。医学書院にはいり,編集長をへて昭和53年社長,のち相談役。その間文学研究をつづけ,34年「近代日本文学 鑑賞から研究へ」で久松潜一賞。清泉女子大教授,東大講師,森鴎外(おうがい)記念会理事長などをつとめた。平成16年12月10日死去。86歳。千葉県出身。東京帝大卒。著作はほかに「森鴎外論考」「川端康成論考」,詩集に「不惑彷徨」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

長谷川泉の関連キーワード河毛二郎古賀憲司鄭詔文辻隆津田秀夫中井準之助長岡毅山村昌和田英夫河野道代

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長谷川泉の関連情報