コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑑賞 カンショウ

3件 の用語解説(鑑賞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん‐しょう〔‐シヤウ〕【鑑賞】

[名](スル)芸術作品などを見たり聞いたり読んだりして、それが表現しようとするところをつかみとり、そのよさを味わうこと。「名曲を鑑賞する」「鑑賞力」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんしょう【鑑賞】

( 名 ) スル
芸術作品のよさを味わい楽しみ理解すること。 「絵画を-する」 「音楽-」 〔同音語の「観照」は冷静な心で対象に向かいその本質をとらえようとすること、「観賞」は植物・魚など美しいものを見て心を楽しませることであるが、それに対して「鑑賞」は芸術作品の良さを味わうことをいう〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鑑賞
かんしょう

芸術作品などの美的な対象を、聴覚や視覚を通して自己のなかに受け入れて深く味わい、その美的な性質や価値を判断・評価する心の働きをいう。このように、外にある美的な価値を内に受け入れる鑑賞は、内にある美的な感情を外に表す「表現」のように、そのすべてが能動的な美的体験ではない。しかし鑑賞においても、直接的かつ積極的に美的な対象とかかわりあい、自己の心で受け止めてそれと一体になり、そのなかに具現化されている美的なものを自らみいだしていくということから、ある意味の能動性が含まれる。そのために鑑賞はまったくの受動的な美的体験であるとはいえない。
 美学においては、鑑賞の同義語として観照の語が用いられる。しかし鑑賞には、美的な対象を客観的に静かに見つめる心の態度である観照とは別に、積極的に自ら対象の美的な価値を評価するという意味が含まれているために、主として芸術に対して鑑賞という語が適用される。[川原 浩]

特徴

鑑賞においては、主観的に感じる面と客観的に知る面の両方が含まれる。前者は、自己の心に直接訴えかけて感覚的、感情的に楽しんで鑑賞することであり、後者は価値を評価しつつ知性的に鑑賞することである。したがって、両者が融合統一された鑑賞が、そのもっとも望ましいあり方であると考えることもできる。鑑賞においてまず重要なことは、対象から直接に受ける美的な感動を、自己の心によって主体的に受け止めることである。
 音楽、詩、絵画そして彫刻などの芸術作品と直接にかかわりあい、その美的なものを受け入れる芸術鑑賞は、芸術美という価値現象そのものを認識する心的作用であるから、あくまでも芸術それ自体のために行われなければならない。芸術の表題的な興味、または象徴的な思想などに注目した鑑賞は、芸術鑑賞の本質的なあり方とはいえない。
 したがって、芸術に関する事実や情報などの知的な教養は、直観された芸術美によって生起する美的な感動と結び付いてこそ意味があるといえる。つまり、芸術に関する歴史的、思想的または理論的な知識は、芸術美の享受を助けるものとして役だつものである。このことは、芸術教育における鑑賞活動が、芸術の理論や芸術史などのような、各種の事実に基づいた科学的な考察と切り離して行われるべきだと主張されるゆえんである。人間の直観による芸術鑑賞は、人間の精神生活を豊かにし、必然的に生きることの意味を充実させるものである。[川原 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鑑賞の関連キーワード佳作感興見聞視聴者実作耳目に触れる手法長目飛耳ちらり見聞く

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鑑賞の関連情報