閃長斑糲岩(読み)せんちょうはんれいがん(英語表記)syenogabbro

岩石学辞典の解説

閃長斑糲岩

粗粒で粗面玄武岩に相当する顕晶質の岩石で,塩基性斜長石の他に正長石を含むもの[Johannsen : 1917].1920年にこの語はモンゾニ斑糲岩に置き換えられたが,1922年に再び使用され閃長岩と斑糲岩の中間で,正長石の量が斜長石よりも少なく,全長石量の5%以上含まれるものとした[Johannsen : 1920, 1922].アルカリ斑糲岩(alkali gabbro)と同義.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android