コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕晶質 ケンショウシツ

デジタル大辞泉の解説

けんしょう‐しつ〔ケンシヤウ‐〕【顕晶質】

火成岩の粒度を表す語で、その構成鉱物粗粒肉眼で見分けられる程度に大きい場合に用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

顕晶質【けんしょうしつ】

肉眼で構成鉱物粒が見える粗粒の火成岩を形容する語。深成岩顕晶質。非顕晶質の対。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

顕晶質

岩石中の鉱物粒の粒度が大きく,鉱物成分が肉眼で識別される粗粒な岩石組織.顕彰質(phanerocrystalline)と同義.ギリシャ語のphanerosは見えるの意味.

顕晶質

岩石のすべての主要構成鉱物が肉眼で個々に識別可能なもの.ギリシャ語でphaneroは明白な,見える,の意味.非顕晶質(aphanitic)に対する語である.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

けんしょうしつ【顕晶質】

結晶質岩石の粒度を示す語。構成鉱物が肉眼または拡大鏡で識別できる大きさを有する岩石の組織。深成岩がその例。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

顕晶質の関連キーワードフェルシフィリック組織アファノフィリックアファニフィリックグラフォフィリックリューコフィライドセバスティアン岩アラブラドライトシェンフェルス岩カンバーランド岩アフィリック組織ルージュモント岩パルシェット岩紫蘇輝石斑糲岩ワイオミング岩ジャスペロイドアルビトライトアファニックモンマウス岩ヴェナンゾ岩アナメサイド

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android