コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗面玄武岩 そめんげんぶがん trachybasalt

2件 の用語解説(粗面玄武岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

粗面玄武岩

この岩石名はネフェリンまたはノゼアンを含む玄武岩に命名されたが[Boricky : 1874],ローゼンブッシュはモンチカイト(monchiquite)とカンプトナイト(camptonite)に分けて,粗面玄武岩はネフェリンとノゼアンを含む玄武岩に命名し,粗面ドレライト(trachydiorite)と同義とした[Rosenbusch : 1896].アルカリ橄欖(かんらん)石玄武岩よりも少しアルカリとSiO2に富む玄武岩で,Na-斜長石とアルカリ長石などが多く,アルカリ長石が全長石の10~40%を占めている.ショイマンは,アルカリ玄武岩という名称は塩基性斜長石とカリ長石(アノーソクレイスを含む)の両方を含む岩石として用いた[Commitee on British Petrographie Nomenclature : 1921].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粗面玄武岩
そめんげんぶがん
trachybasalt

アルカリ橄欖(かんらん)石玄武岩よりも無水ケイ酸とアルカリを多く含むアルカリ岩系列の玄武岩で、粗面岩に似た粗面組織をもつことが多い。外観は緻密(ちみつ)で、淡灰色を呈する。構成鉱物はアルカリ橄欖石玄武岩とほとんど同じで、斑晶(はんしょう)に橄欖石、普通輝石(オージャイト)、斜長石(曹灰(そうかい)長石(ラブラドライト))、チタン磁鉄鉱、チタン鉄鉱がみられる。石基に斜長石、橄欖石、普通輝石、アルカリ長石(アノーソクレス)、チタン磁鉄鉱、チタン鉄鉱、燐灰(りんかい)石、ガラスなどを含む。少量の霞(かすみ)石を含むこともある。アルカリ橄欖石玄武岩との化学組成の違いは石基のアルカリ長石の量が多いことである。本来は斜長石と準長石を含む玄武岩質岩石に対して用いられた岩石名である。[千葉とき子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粗面玄武岩の関連キーワード響岩アンプテク岩ホラ岩グアルディア岩ネフェリン微閃長岩ノゼアン白榴石響岩フォノリトイドセラル岩黝方霞岩ネフェリン-ベーサイト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone