コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閉曲面 ヘイキョクメン

デジタル大辞泉の解説

へい‐きょくめん【閉曲面】

閉じていて内部に空間の一部を完全に包み込んでいる曲面。球やドーナツ状の物の曲面。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいきょくめん【閉曲面】

その内部に空間の一部を完全に包み込む、境界のない有限な曲面。閉じた曲面。球面や円環面のようなもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の閉曲面の言及

【位相幾何学】より

…無限に広がる平面も曲面であり,円板のように縁のある曲面もあるが,物体の表面は無限に広がらず,縁もない。このような曲面を閉曲面という。閉曲面は多面体と同相であることが知られている。…

【曲面】より

…曲面上のすべての点について,その点の十分近くの点だけを考えれば円の内部の点との間に連続的な1対1対応がつくとき,この曲面を二次元多様体という。とくにコンパクトな二次元多様体を閉曲面という。球面やトーラス(浮輪の表面)は閉曲面で,円の内部や円錐面から頂点を除いた図形は二次元多様体であるが,これらはコンパクトでなく閉曲面ではない。…

※「閉曲面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

閉曲面の関連キーワードマクスウェル応力テンソルポインティング・ベクトルガウスの電気力束の法則マクスウェルの応力ロッシュローブグリーンの定理ポアンカレ予想クーロンの法則リウビルの定理閉曲線と閉曲面ベクトル解析ロシュローブガウスの定理クラインの壺ガウスの法則サーストン微分幾何学桂田 芳枝ジオイド電束密度