コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開いた宇宙 ヒライタウチュウ

デジタル大辞泉の解説

ひらいた‐うちゅう〔‐ウチウ〕【開いた宇宙】

膨張宇宙論において、宇宙ビッグバン以降膨張を続けているが、宇宙の平均密度がある臨界密度より小さい場合は永遠に膨張を続ける。このような宇宙を開いた宇宙といい、その曲率は負または0となる。現時点の観測事実からは、宇宙が開いていると考えられている。→ビッグフリーズビッグリップ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

開いた宇宙の関連キーワード臨界密度(宇宙)密度パラメータ電波天文学閉じた宇宙宇宙原理

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開いた宇宙の関連情報