開いた宇宙(読み)ヒライタウチュウ

デジタル大辞泉の解説

ひらいた‐うちゅう〔‐ウチウ〕【開いた宇宙】

膨張宇宙論において、宇宙ビッグバン以降膨張を続けているが、宇宙の平均密度がある臨界密度より小さい場合は永遠に膨張を続ける。このような宇宙を開いた宇宙といい、その曲率は負または0となる。現時点の観測事実からは、宇宙が開いていると考えられている。→ビッグフリーズビッグリップ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android