コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開田蕪

1件 の用語解説(開田蕪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

開田蕪

長野県で生産されるカブ。中型で、表面は赤紫色、中は白色。漬物、汁物などに用いる。江戸時代にはすでに栽培されており、かつては「末川蕪」と呼ばれた。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開田蕪の関連キーワード赤根大根赤丸かぶ芦島蕪王滝かぶ王滝蕪おちぽかぶ木曾赤かぶ津田かぶはとり宝谷かぶ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone