コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開田蕪

デジタル大辞泉プラスの解説

開田蕪

長野県で生産されるカブ中型で、表面は赤紫色、中は白色漬物汁物などに用いる。江戸時代にはすでに栽培されており、かつては「末川蕪」と呼ばれた。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

開田蕪の関連キーワード長野県

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android