コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開田蕪

1件 の用語解説(開田蕪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

開田蕪

長野県で生産されるカブ。中型で、表面は赤紫色、中は白色。漬物、汁物などに用いる。江戸時代にはすでに栽培されており、かつては「末川蕪」と呼ばれた。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開田蕪の関連キーワード赤根大根赤丸かぶ芦島蕪王滝かぶ王滝蕪おちぽかぶ木曾赤かぶ津田かぶはとり宝谷かぶ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone