コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間の物 アイノモノ

デジタル大辞泉の解説

あい‐の‐もの〔あひ‐〕【間の物】

四度入りの土器製の杯。普通の大きさ(三度入り)と大形(五度入り)の中間のもので、「四(し)」の音を避けた言い方。あいもの。
間(あい)の狂言2」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あいのもの【間の物】

三度入り(普通の大きさ)と五度入りの中間の大きさの土器かわらけ。四度入り。 「 -で十杯、三度入で十四杯/狂言・地蔵舞」
能の間狂言にならって、浄瑠璃の段と段の間に演じられた、踊り・操り人形・からくりなどの短い出し物。古浄瑠璃時代に盛行。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

間の物の関連キーワードサプライチェーン・マネジメントロビンスン ジェファーズチャールズ ボーモントクラシファイドサイト充てん塔(充塡塔)モダン・タイムスボリス ポレボイ下田(高知県)チェンチョウ市ショービニスム網膜色素上皮血液脳関門バーコードアニミズム和島[村]エスクロウ若草[町]シュタルク宇宙物理学衛生工学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間の物の関連情報