コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間の物 アイノモノ

デジタル大辞泉の解説

あい‐の‐もの〔あひ‐〕【間の物】

四度入りの土器製の杯。普通の大きさ(三度入り)と大形(五度入り)の中間のもので、「四(し)」の音を避けた言い方。あいもの。
間(あい)の狂言2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいのもの【間の物】

三度入り(普通の大きさ)と五度入りの中間の大きさの土器かわらけ。四度入り。 「 -で十杯、三度入で十四杯/狂言・地蔵舞」
能の間狂言にならって、浄瑠璃の段と段の間に演じられた、踊り・操り人形・からくりなどの短い出し物。古浄瑠璃時代に盛行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

間の物の関連キーワードサプライチェーン・マネジメントロビンスン ジェファーズチャールズ ボーモントクラシファイドサイト充てん塔(充塡塔)モダン・タイムスボリス ポレボイチェンチョウ市下田(高知県)網膜色素上皮バーコードシュタルクアニミズム宇宙物理学血液脳関門和島[村]エスクロウ若草[町]吉原 武安自己実現

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間の物の関連情報