間の物(読み)アイノモノ

デジタル大辞泉の解説

あい‐の‐もの〔あひ‐〕【間の物】

四度入りの土器製の杯。普通の大きさ(三度入り)と大形(五度入り)の中間のもので、「四(し)」の音を避けた言い方。あいもの。
間(あい)の狂言2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいのもの【間の物】

三度入り(普通の大きさ)と五度入りの中間の大きさの土器かわらけ。四度入り。 「 -で十杯、三度入で十四杯/狂言・地蔵舞」
能の間狂言にならって、浄瑠璃の段と段の間に演じられた、踊り・操り人形・からくりなどの短い出し物。古浄瑠璃時代に盛行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間の物の関連情報