休止期(読み)きゅうしき(英語表記)resting stage; interphase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

休止期
きゅうしき
resting stage; interphase

一定の活動周期で反復される細胞分裂において,一つの分裂と次の分裂との間にみられる,外見上は動きのない時期。静止期,中間期,代謝期ともいう。核は核膜に包まれ,休止核の状態にある。ただし,細胞の全活動が休止しているのではなく,次の分裂のために必要な核酸合成などはこの時期の一部に行われるので,休止期をさらに G1 期,S期,G2 期などに分ける。Gは gapので,真の休止期を意味する。Sは synthesis (合成) の略である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅうし‐き キウシ‥【休止期】

〘名〙 生物の細胞が機能的には活動しているが、核分裂や細胞分裂をしていない時期をいう。代謝期。静止期。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

休止期の関連情報