コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休止期 きゅうしきresting stage; interphase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

休止期
きゅうしき
resting stage; interphase

一定の活動周期で反復される細胞分裂において,一つの分裂と次の分裂との間にみられる,外見上は動きのない時期。静止期,中間期,代謝期ともいう。核は核膜に包まれ,休止核の状態にある。ただし,細胞の全活動が休止しているのではなく,次の分裂のために必要な核酸合成などはこの時期の一部に行われるので,休止期をさらに G1 期,S期,G2 期などに分ける。Gは gapので,真の休止期を意味する。Sは synthesis (合成) の略である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

休止期の関連キーワードとんねるずのみなさんのおかげですペンタデカン酸グリセリドコンセール・パドルー乳房(にゅうぼう)クリス スクワイアヘア・サイクルオナジマイマイヘアサイクルこまどり姉妹電気刺激療法メニエール病ベスビオ火山カモメガイハタネズミ洞結節不全巨大染色体ホコリダニ昭和新山性染色体噴火輪廻

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

休止期の関連情報