コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関信太郎 せき しんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関信太郎 せき-しんたろう

1884-1962 明治-昭和時代の実業家。
明治17年10月5日生まれ。生家は奈良市の繊維卸商。奈良瓦斯(ガス)会社を創設し,明治45年ガス供給をはじめる。また昭和初期に奈良自動車の経営にたずさわる。戦後は父藤次郎が奈良市水門町につくった借景庭園依水園の園主として,観光事業にもとりくんだ。昭和37年7月24日死去。77歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関信太郎の関連キーワード昭和時代実業家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android