生家(読み)セイカ

  • しょうか
  • しょうか シャウ‥
  • しょうか〔シヤウ〕

大辞林 第三版の解説

せいか生家
その人の生まれた家。 鷗外の-
実家。さと。 -は呉服を商いにしている

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 その人が生まれた家。また、嫁や養子などが自分の実家をさしていう。実家。しょうか。しょうけ。
※明暗(1916)〈夏目漱石〉七八「どの娘も又生家(セイカ)の父母に知らせなくっては済まない事項であった」
〘名〙 (「か」は「家」の漢音) =せいか(生家)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生家の関連情報