コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関宗長 せき むねなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関宗長 せき-むねなが

?-? 江戸時代前期の漆工。
寛永(1624-44)ごろの人。種々の器をつくり,その器に漆でをかいた。これより以前,漆工は銘を彫刻していたが,この後は彫刻するものはまれになったという。号は法寸斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関宗長の関連キーワードコックス寛永アンヘレスコックスソテロ福島正則オスロ歌舞伎年代記佐渡金山東海道

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android