コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関東特殊製鋼 かんとうとくしゅせいこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関東特殊製鋼
かんとうとくしゅせいこう

通称カントク。鍛鋼ロールの国内最大手メーカー。住友金属系。 1936年小松熱錬工業として設立,47年現社名に変更。 90年に呼称をカントクに変更。主力は高炉各社向け鍛鋼ロールであるが,自動車向け特殊鋼や精密鋳造品など商品の多様化を進めるとともに,エンジニアリング部門の拡充をはかっている。売上構成比は,ロール 73%,特殊鋼・精密機材 15%,その他 12%。年間売上高 148億 9000万円 (連結。うち輸出 25%) ,資本金 61億 8000万円,従業員数 506名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

関東特殊製鋼の関連キーワード伊沢 多喜男

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android