コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関竺僊 せき じくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関竺僊 せき-じくせん

?-? 江戸時代後期の茶人。
藪内(やぶのうち)流。京都の呉服商で,茶道を安富常通(やすとみ-じょうつう)にまなぶ。晩年,5代藪内紹智(じょうち)(竹心)の文をまとめ享和(きょうわ)3年(1803)「茶話真向翁(まむきのおきな)」を出版。通称は布屋弥五郎。別号に不言亭,市隠,竹泉。号は竺山ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関竺僊の関連キーワード茶人

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android