コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安富常通 やすとみ じょうつう

2件 の用語解説(安富常通の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

安富常通

江戸後期の茶人。通称は五郎右衛門・五郎兵衛、号は清隠斎・達源、屋号を天満屋・野々屋。茶を島村紹億、のち藪内不住斎に学んでその四天王の一人となる。弟子に関竺僊、鈴木知足庵らがいる。著書に『茶席墨宝祖伝考』『鑑定便覧』がある。天明8年(1788)歿、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安富常通 やすとみ-じょうつう

1715-1788 江戸時代中期の茶人。
正徳(しょうとく)5年生まれ。京都の人。藪内(やぶのうち)流の島村紹億(じょうおく)にまなぶ。のち同流5代藪内紹智(じょうち)(竹心)のもとで皆伝。神先紹和(かんざき-じょうわ)らとともに竹心門下四天王とよばれた。天明8年死去。74歳。通称は五郎右衛門,五郎兵衛。号は清隠斎。屋号は天満屋,野々屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安富常通の関連キーワード磯甚蔵岡田道竹尾関長伝小野庸山河井守清酒井玄蕃(1)清水道茂玉川宗重津田外記渡辺立庵

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone