コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安富常通 やすとみ じょうつう

美術人名辞典の解説

安富常通

江戸後期の茶人。通称は五郎右衛門・五郎兵衛、号は清隠斎・達源、屋号を天満屋・野々屋。茶を島村紹億、のち藪内不住斎に学んでその四天王の一人となる。弟子に関竺僊鈴木知足庵らがいる。著書に『茶席墨宝祖伝考』『鑑定便覧』がある。天明8年(1788)歿、74才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安富常通 やすとみ-じょうつう

1715-1788 江戸時代中期の茶人。
正徳(しょうとく)5年生まれ。京都の人。藪内(やぶのうち)流の島村紹億(じょうおく)にまなぶ。のち同流5代藪内紹智(じょうち)(竹心)のもとで皆伝。神先紹和(かんざき-じょうわ)らとともに竹心門下四天王とよばれた。天明8年死去。74歳。通称は五郎右衛門,五郎兵衛。号は清隠斎。屋号は天満屋,野々屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安富常通の関連キーワード藪内紹智(6代)藪内紹智(5代)天満屋常通藪内竹心比老斎正徳