関連痛の法則(英語表記)law of referred pain

法則の辞典の解説

関連痛の法則【law of referred pain】

身体の表面に痛みを引き起こす刺激が加えられたとき,この刺激に対して敏感な神経が刺激されることによってのみ痛覚が発生する.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android