阿寺ノ七滝(読み)あてらのななたき

世界大百科事典 第2版の解説

あてらのななたき【阿寺ノ七滝】

愛知県南設楽(したら)郡鳳来町,JR飯田線三河大野駅の東方約7kmにある滝。中央構造線の東辺にあたり,阿寺川がレキ岩よりなる断層崖に瀑布群をつくり,落差約70mの間に滝が7段あることから七滝の名がある。東海自然歩道の一部をなし,名勝・天然記念物に指定され,観光客が多い。滝付近のレキ岩は一名〈子抱石〉と称し,持ち帰ってまつると子どもを授かるという信仰がある。【井関 弘太郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android