阿部 展也(読み)アベ ノブヤ

  • 阿部 展也 (あべ のぶや)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の洋画家,美術評論家



生年
大正2(1913)年2月4日

没年
昭和46(1971)年5月6日

出生地
新潟県

本名
阿部 芳文

学歴〔年〕
京浜中学中退

経歴
独学で絵を学び昭和7年、独立展に初入選。写真も学びながら12年「妖精の距離」を刊行。14年、福沢一郎らのシュールレアリスム団体美術文化協会結成に参加。第1回展に「地球創造説」などを出品。同年、中国東北地方とモンゴルを旅行。16年から陸軍報道班員としてフィリピン滞在。復員後、美術文化協会に復帰したが、27年、同会を脱退。無所属となり、現代日本美術展、東京国際美術展などに出品、28年、国際造形芸術連盟(IAPA)代表としてインドに滞在。30年、ニューヨーク個展、31年、ユーゴスラビアIAPA大会に出席。33年一時帰国、34年からローマに定住した。イタリア各地でグループ展や個展を開き、日本現代美術展にも出品し、「遙かなりイタリアの10年」を芸術新潮に連載した。46年、ローマで客死したが、49年5月、神奈川県立近代美術館で遺作展が開かれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1913年2月4日
昭和時代の洋画家;美術評論家
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android