コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院体 インタイ

2件 の用語解説(院体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いん‐たい〔ヰン‐〕【院体】

中国で、宮中に置かれた画院の画風。院画体。
書道で、奔放なところのない役所風の書体。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の院体の言及

【翰林図画院】より

…待詔・芸学・祗候・学生の4階梯をおき,皇帝が造営する宮殿・仏寺・道観などの障壁画,さらには宮廷での鑑賞に供する画軸・画巻などの制作に当たった。画院で行われた様式を院体と呼ぶ。国家的な機構の一端としての画家組織は,周代の伝説的な官制について記す《周礼(しゆらい)》の〈考工記〉にもうかがえるように,一貫して存在し,宋代にも少府監などに属する一群の画家がいたと考えられる。…

※「院体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

院体の関連情報