コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書体 しょたい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

書体

特定のデザインで統一された文字セット、およびそれらをデータにしたもの。書体の基本デザインをもとに、ウェイト(太さ)、幅、スラント(傾斜)、スタイル(装飾)を変えて作成したものを総称してファミリーという。活字写植の時代から、書体という語が使われている一方で、ワープロやDTPの普及にともない、英語の「フォント」も使われるようになった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょ‐たい【書体】

字体を基本とした文字の体裁。漢字の楷書・行書・草書・篆書(てんしょ)・隷書など。活字では、明朝(みんちょう)体・清朝(せいちょう)体・宋朝体などや、欧文でのローマン・イタリックなど。→活字書体
文字の書きぶり。書風。「書体にくせがある」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

書体【しょたい】

文字,特に漢字の書体は,筆者の個人的な風格を越えて,時代や用途に応じてさまざまに変化している。中国には,周秦の篆書(てんしょ),漢魏の隷書(れいしょ)(八分),六朝以後の楷書(かいしょ)(今,正書)などの書体があり,また漢で興った章草草書行書などのくずした書体もある。
→関連項目漢字フォント

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょたい【書体】

文字には,それを書き表すとき同一文字においていろいろな様式の字形をとることがあり,これを書体という。書体は字体と同じく使われる場合があるが,それを区別するために,字体は例えば,楷書の活字で宋朝(そうちよう)体,明朝(みんちよう)体,清朝(しんちよう)体などとあるような,同一書体中でのバリエーションと定義づける。ここでは中国に発生した漢字とそれをもとに日本で作られた仮名(かな)について論じる。
[秦始皇帝の文字統一]
 甲骨文の時代から現在に及ぶ漢字の書体の変遷を考えるとき,その流れを決定づけた事業として,その筆頭には秦始皇帝の文字統一をあげねばならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょたい【書体】

字体を実際の文字に書くときの様式。漢字の、楷書・行書・草書や篆書てんしよ・隷書など。活字の、明朝・ゴシック・アンチックあるいはイタリック・ローマン・ボールドなど。
文字の書きぶり。書風。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

書体
しょたい

文字の形体。一般に漢字,かなについていう。漢字成立の要素となる字形は,古代から後世にかけて時代によってその体裁が変化してきている。殷の甲骨文や周の鐘鼎文は,書風は変化しているが,まだ固定した書体を形成していない。春秋・戦国時代頃に行われた大篆になって,ようやく一種の書体をそなえるようになった。その頃の古い字体のものは古文と呼ばれる。秦代になって大を簡略化した小篆が生れ,秦から漢にかけて小篆がさらに簡略化されて隷書となった。隷書の字体が様式化されて前漢の中頃から八分 (はっぷん) が生じ,魏,晋の頃から八分体がさらに簡略になって今隷 (きんれい) と呼ばれる新しい隷書が生れた。これが次第に整備されて楷書となり,唐以後において正体としての楷書が確立した。また隷書の速筆から東晋の頃に行書が成立した。草書は本来篆書の草稿体,また隷書の草稿体としてできたが,漢代になって書体として成立し,八分から出た章草のような,波磔 (はたく) を伴う一体も行われるようになった。漢末の頃から今草 (きんそう) が生じ,唐代になると狂草が起り,芸術性を高めるようになった。別に意匠化された雑体書がある。また日本固有のかなにおいても,漢字の楷・行・草書に類する書体の区別がある。なお印刷術の発達に伴って活字では漢字,かなの明朝体ゴシック体など多くの書体があり,欧文書体でもローマン体,イタリック体,ゴシック体など各種の区別がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

書体
しょたい

広義には世界各国で用いられる文字の表現形式をいうが、わが国では一般に漢字および仮名の楷(かい)、行(ぎょう)、草(そう)などの形態をいう。
 文字らしいものが現れるのは中国の黄河文明期であり、黄帝の時代に史官蒼頡(そうきつ)が鳥や木の枝などをかたどって文字をつくったのが始まりといわれる。しかし、これらはまだ文字というよりも符号に近いものであった。その後、殷(いん)代に殷文(亀甲(きっこう)や獣骨に鋭い器具で刻んだもので甲骨文ともいう)、周代には周文(鐘や鼎(かなえ)に筆で書いて彫ったもので、鐘鼎(しょうてい)古文ともいう)が現れ、文字らしい体裁ができた。さらに東周代には、石に刻まれた石鼓(せっこ)文が現れるが、宣王の時代に史籀(しちゅう)がつくった『大篆(だいてん)』という字書にこの文字の形式が用いられたため、大篆とも籀文ともいわれる。この大篆を筆写に便利に、点描を方正にしたものが小篆であり、これは秦(しん)の丞相(じょうしょう)李斯(りし)が始めたと伝えている。ついでこの時代に、始皇帝の罪を得た程(ていばく)が、獄中で大篆および小篆をさらに簡略化した文字をつくった。これが隷書(れいしょ)(古隷)で、ここに書体はいちおう確立したということができる。
 隷書は前漢・後漢(ごかん)を通じて長い間、通用文字になったが、漢代には新しい装飾的な波勢をつけたので、これを後世、漢隷または八分(はっぷん)といって古隷と区別し、今日では普通、隷書といえばこの八分をさす。この八分から史游(しゆう)によって章草という新しい書体がつくられ、これがしだいに進化して、漢代末期には現在用いられているような草書になったのである。
 また、後漢の初期には劉徳昇(りゅうとくしょう)によって行書がつくられ、同じく末期には楷書も生まれ、この楷、行、草の三つが今日用いられている基本的な書体となった。これらの書体は奈良時代に日本に伝わったが、この漢字の草書体を簡略化してつくられたのが仮名である。仮名の書体は平安時代に藤原行成(ゆきなり)によってその典型的なものができ、のち種々の改良が加えられて、日本特有の書体が生まれた。また、歌舞伎(かぶき)に用いられる勘亭流をはじめ、寄席(よせ)文字、相撲(すもう)文字、さらに活字に用いられているデザイン化された特殊な書体がみられるが、いずれもいままでの書体に変化を加えたものである。[小松茂美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

書体

(1)手で文字を書くときに書き手が心に思い浮かべる,一貫した様式,特徴,構造をもつ文字の体系.理想的な文字体系としての書体を“script”,実際に書かれた文字を“handwriting”として区別する場合もある.活字書体と違い,歴史的な書体は徐々に,絶え間なく変化している.和文には楷書,隷書,行書,草書などがある.欧米には大文字体,アンシャル体,ゴシック体,ヒューマニスト体などがあるが,書体の分類・命名法には複数の流派がある.(2)出版関係では活字書体のこと.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の書体の言及

【タイポグラフィー】より

…近代になりオフセット(平版)印刷,シルクスクリーン(孔版)印刷,グラビア(凹版)印刷を含めた印刷技術全般とその印刷物を指すようになり,さらにそのうち文字が主体になっているものの印刷表現を主にいうようになった。文字は鉛活字によるものが長い間主流であったが,最近は写真植字によるものが加わり,手書き文字などを含めて多種の書体が登場して,タイポグラフィーの表情を豊富なものにしてきた。タイポグラフィーの主要素である書体,サイズ,配列,用紙,インキ,印刷方式の選択や全体のレイアウトを決定する作業を行う専門家をタイポグラファーtypographerと呼ぶ。…

【文字】より

…ギリシア文字の(シグマ)は語末以外ではσという字体が用いられる。なお,草書,行書,楷書とか,ゴシック,イタリック,とかいうような文字体系の全体にわたる字体のちがいは〈書体〉といわれる。一方,字をその構成要素に分析して,たとえばAは,aと〈大文字化〉,という二つの要素から成るとして,それぞれを〈グラフィームgrapheme(字素)〉と呼ぶ試みもなされ,漢字の声符,義符などの構成要素もそのような扱いをしようとする試みもあるが,分析の客観的規準を見いだすのが困難で,研究の進展がみられない。…

【レタリング】より

…したがってその起源は文字の発明とともにあり,レタリングの歴史は手書き文字の歴史であるといってもよく,そして用具と用材によって字形が異なることがその特色であった。漢字を例にとれば,隷書体は秦代(前221‐前207)に生まれたが,製紙術発明以前で竹片(竹簡)や木の札(木簡)に硬い筆毛で書いたため,文字の最後の,筆毛がはねる形が波形になり,これが隷書体の特徴になった。楷書体は製紙術が発明されたことに応じて確立され,筆毛もやわらかくなり,線の強弱が表現しやすくなった。…

※「書体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

書体の関連キーワードエックスハイトタイプフェースボディサイズセンチュリー七つ以呂波サンセリフ新文字伝説ディセンダボールドアセンダ教科書体筆記体セリフじゅん中書格筆写体楷書体清朝体宋朝体活字体

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書体の関連情報