コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳玉成 ちんぎょくせいChén Yù chéng

世界大百科事典 第2版の解説

ちんぎょくせい【陳玉成 Chén Yù chéng】

1837‐62
中国,太平天国の英王。広西藤県の貧農の子で,14歳で挙兵に参加,以来その勇猛を以て清軍に恐れられた。1858年(咸豊8),李秀成部隊と清の江北大営を撃破した功などにより王に封ぜられ,後期太平天国を支える将軍の二本柱の一つとして江南や湖北,安徽各地を転戦した。1862年(同治1)安徽の要衝廬州防衛に敗れて寿州に後退したとき,捻軍の首領の一人苗沛霖(びようはいりん)の裏切りによって捕らえられ,河南省延津で処刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陳玉成の関連キーワードマンウィリスコワニエジェラールストーンダイバーズデュ=ブスケパンペリーファン=ドールンベルニー