コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸すい りくすいLu Chui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸すい
りくすい
Lu Chui

[生]泰始6(470)
[没]普通7(526)
中国,六朝時代の斉の詩人。呉郡 (江蘇省) の人。字,佐公。永明年間に竟陵 (きょうりょう) 王蕭子良を中心とする文学集団にあって,いわゆる「竟陵八友」の一人。任 昉 (じんぼう) とともに文章で名があり,『文選』にその『石闕銘』『新刻漏銘』が収められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

陸すいの関連キーワード昭明太子六朝時代江蘇省

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android