文選(読み)もんぜん

日本大百科全書(ニッポニカ)「文選」の解説

文選
もんぜん

中国、南朝梁(りょう)の昭明太子蕭統(しょうとう)が側近の文人たちの協力を得て編集した文章詩賦(ふ)のアンソロジー。800余の作品が37種の文体に分けられている。30巻。漢魏(かんぎ)以来文学創作が活発となり、作品数が増すにつれ、優れた作品の選集が求められるようになった。その集大成として現れたのが『文選』である。先行する他の選集は時代とともに滅んだ。『文選』が選択の対象としたのは、文章詩賦の類で、経書や諸子百家の書および史書などは原則的に除外され、また小説の類は無視されている。時代は春秋戦国の古代から当代の梁にまでまたがるが、当時現存の文人のものは含まれていない。選択の基準は、蕭統の序にみえる「事は沈思に出でて、義は翰藻(かんそう)に帰す」に集約される。内容ある美文が典型とされたのである。後世批判がないわけではないが、全体として漢魏六朝(りくちょう)の文学を具体的作品でみごとに体系づけている。所収の作品が第一級の資料であるばかりでなく、文学理論の書(『文心雕竜(ぶんしんちょうりょう)』など)と並んで六朝文学批評の大きな成果である。唐代科挙の試験に詩賦が課せられたこともあり、『文選』は創作の手本として重んじられた。唐の李善(りぜん)が注して30巻を60巻とし、その系統の清(しん)の胡克家(ここくか)の復刊したテキストが最良とされる。

 日本への伝来は古く、すでに「十七条憲法」(604)に本書からの引用が指摘されており、また『万葉集』の部立(ぶだて)も本書の体例をモデルにしているといわれる。さらに万葉の歌人をはじめ、奈良平安の文学には、漢詩文のジャンルのみならず、本書所収作品の影響がみられ、愛読されたことが知られる。そのほか貴重な古鈔本(こしょうほん)がいくつか伝えられており、江戸時代には和刻本も出版されている。

[成瀬哲生]

『斯波六郎・花房英樹訳注『世界文学大系70 文選』(1963・筑摩書房)』『網祐次・内田泉之助訳注『新釈漢文大系14・15 文選(詩篇)』(1963、1964・明治書院)』『中島千秋訳注『新釈漢文大系79~81 文選(賦篇)』(1977~・明治書院)』『網祐次訳注『中国古典新書 文選』(1969・明徳出版社)』『小尾郊一・花房英樹訳注『全釈漢文大系26~32 文選』(1974~76・集英社)』『戸川芳郎他訳注『中国の古典23・24 文選』(1984、1985・学習研究社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「文選」の解説

ぶん‐せん【文選】

活版印刷で、原稿に合わせて活字を選び取り、文選箱とよぶ小さな容器に集め並べること。また、それを仕事とする人。「文選工」

もんぜん【文選】

中国の文集昭明太子蕭統(しょうとう))の編。6世紀前半に成立代から梁まで約千年間の代表的文学作品760編を37のジャンルに分けて収録。30巻であったが、李善をつけて60巻とした。中国古代文学の主要資料で、日本にも天平以前に渡来、平安時代に「白氏文集」と並んで広く愛読された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「文選」の解説

文選
もんぜん
Wen-xuan

中国の詩文選集。六朝時代の梁の昭明太子の編。 60巻。中大通2 (530) 年頃成立。周から梁にいたる約 1000年間の詩文の選集で,収録された作者は 130人,作品は 760編にのぼる。,詩,に始り,弔文,祭文にいたる 39の文体に分類し,各文体内では作者の年代順に配列されている。編集方針は編者によれば,道徳,実用的観点よりも,芸術的観点から文学を評価して選んだもので,その結果として賦 56編,詩 435首が選ばれ,この2つで6割以上を占める。本書はその後,文学を志す人の必読の書として広く流布し,唐の李善の注をはじめ多くの注釈が出て,文選学 (選学) ができたほどで,日本にも早く伝わり王朝文学に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「文選」の解説

文選【もんぜん】

中国の詩賦のアンソロジー。六朝,梁の昭明太子蕭統(しょうとう)〔501-531〕の撰。30巻。古代の周から梁までの詩人,文章家約130人の作品800編を文体別,時代別に並べ,37の文体門に分類した。美文の模範として後世広く愛誦され,特に隋〜唐代に盛行。唐の李善の注,呂延祚(りょえんそ)の集めた五臣注,両者を合わせた六臣(りくしん)注などがある。日本では聖徳太子の〈憲法十七条〉に,さらに平安・中世文学に影響した。→文選読
→関連項目片山兼山帰去来兮辞経国集新撰朗詠集挽歌文華秀麗集本朝文粋六朝文化

文選【ぶんせん】

活版印刷植字の前工程として活字を拾い集める作業。活字はポイントや号数による大きさ別,書体別のケースに納められていて,文選工は原稿を読みながらケースから活字を拾い集め,順番に文選箱に納めていく。活字で満たされた文選箱は原稿とともに植字場に回される。→写真植字
→関連項目自動鋳植機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「文選」の解説

もんぜん【文選】

中国の総集。三〇巻。梁の昭明太子蕭統(しょうとう)ら撰。六世紀前半に成立。唐の李善注本六〇巻が伝わる。周から梁に至る約千年間の美文の粋、約八〇〇編を文体別・時代順に並べたもの。文体のうち圧倒的に多い賦と詩には郊祀・遊覧・贈答・行旅など内容分類がされている。中国現存最古の選集。日本への伝来は古く、「白氏文集」とともに文集・文選と併称された。

ぶん‐せん【文選】

〘名〙 活版印刷で、原稿の文字にあわせて活字を拾い集めること。また、それを仕事とする人。ひろい。
※病院の窓(1908)〈石川啄木〉「文選の小僧共は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「文選」の解説

文選
もんぜん

中国,六朝時代の梁の昭明太子編の詩文集
30巻。周から梁までの約1000年間の127人の作品,800余を集めたもの。日本には奈良時代に伝来し,『万葉集』『日本書紀』『懐風藻 (かいふうそう) 』『凌雲集』などに影響を与えた。『源氏物語』にも多くの引用句を見ることができる。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「文選」の解説

文選
もんぜん

周から南北朝の梁 (りよう) までの代表的な詩と散文を集めた書
梁の昭明太子が編集。初め30巻,のち注釈を加えて60巻。深い内容と美的表現を備え,文人必読の書となる。奈良時代に日本に伝来し,平安文学に大きな影響を与えた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「文選」の解説

もんぜん【文選 Wén xuǎn】

中国の六朝の梁代に編まれた詞華集。編者は梁の武帝長子,昭明太子蕭統(しようとう)。30巻。周から梁に至る代表的な詩文約800編を網羅する。こうした詩華集の編纂事業は3世紀末から始まり,六朝時代を通じてかなりの数に上る詩文の選集が編まれたが,《文選》はその集大成として現れ,唐以後の文学にも多大の影響を及ぼした。選択の基準は,経書,史書(ただし論賛は別),諸子を除く詩文中から,深い内容と華麗な表現を備えた作品を取ることにあったと,昭明太子の序にはいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の文選の言及

【活版印刷】より

…将来は,ごく上等の書籍のほか名刺,便箋,挨拶状などが,その特徴を発揮する分野となろう。
[工程]
 活版印刷は,活字の製造,文選,植字,印刷という工程で行われる。(1)活字の製造 書体デザインから金属製の文字パターンをつくり,これを母型彫刻機にかけて縮小彫刻し,文字部分を黄銅(シンチュウ)材に精密に彫りくぼめた母型をつくる。…

【新聞】より

…各新聞社とも〈編集委員〉という専門記者制度を設けているのは,このためである。新聞記事新聞記者
[製作]
 第2次大戦後まで,新聞は,編集局から回ってきた原稿に基づいて活字が拾われて15字詰めに組まれ(文選),それをさらに整理部の指示に従って周囲を罫線で囲んだり,特別の字詰めに組み変えたりし(小組み),それらを集めて紙面1ページ大に組み上げ(大組み),その上に紙型用紙をのせて上から圧力をかけて紙型をつくり(紙型取り),紙型を半円形に曲げたものに600℃にとかした鉛合金地金を流し込んで鉛版をつくり(鉛版鋳造),それを輪転機にかけて印刷する,という工程だった。これをHTS(hot type system)またはホット・メタル・システムhot metal systemという。…

【尺牘】より

…中国で,古く書翰は,1尺の長さの木牘,きぬ(帛),紙などに書かれたので,尺牘,尺素,尺楮(せきちよ)などの名があるという。書翰が文学ジャンルの一つとして位置を占めたことは,たとえば《文選》に〈書〉という部類が立てられ,そこに司馬遷〈任少卿(じんしようけい)に報ずる書〉や嵆康〈絶交書〉などの作品が収められていることからも知られよう。明・清の文人や学者たちについて,それぞれの文集とは別に尺牘集が編まれているのは,書翰の模範文例集としての意味をももった。…

※「文選」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android