コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任昉 じんぼうRen Fang

1件 の用語解説(任昉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

任昉
じんぼう
Ren Fang

[生]大明4(460)
[没]天監8(509)
中国,六朝時代の文学者。字,彦昇。博昌 (山東省) の人。宋,斉,梁の3代に仕え,梁の武帝のとき新安太守となった。文章をもって名高く,沈約 (しんやく) の詩と並んで「任筆沈詩」と称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

任昉の関連キーワードヒッポクラテス国民年金空洞化ラジオ波熱凝固療法映画検定ユニコーン企業あおなみ線アフリカのHIVイラク戦費オーストラリアの気候と農業住宅防音工事の助成

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone