コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任昉 じんぼうRen Fang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

任昉
じんぼう
Ren Fang

[生]大明4(460)
[没]天監8(509)
中国,六朝時代の文学者。字,彦昇。博昌 (山東省) の人。宋,斉,梁の3代に仕え,梁の武帝のとき新安太守となった。文章をもって名高く,沈約 (しんやく) の詩と並んで「任筆沈詩」と称された。「竟陵 (きょうりょう) 八友」の一人。『文章縁起』はその文学理論を著わしたものである。志怪書『述異記』の著者とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

任昉の関連キーワード六朝時代竟陵八友永明文学蕭子良陸すい劉孝綽文学者山東省武帝