コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸繫島 りくけいとうland tied island

世界大百科事典 第2版の解説

りくけいとう【陸繫島 land tied island】

大陸(または大きな島)から離れていた海岸近くの島が,細長い砂州または三角形をした尖角州cuspate spitと呼ばれる砂地形の発達によって,陸続きになった場合に,この島を陸繫島という。またこの島と本土をつなぐ砂州をとくに陸繫砂州(トンボロtombolo)という。海岸近くに離れ島があると,沖合から打ち寄せる波は島のために屈折あるいは回折して,島の後ろ側に回りこむ。そこでは島の両側から回りこんできた波がお互いにエネルギーを打ち消すために波静かとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

陸繫島の関連キーワード野母崎[町]串本[町]様似[町]サン・マロ日向[市]苓北[町]岡山平野三崎半島天草下島野間半島光[市]男鹿半島志賀島宮戸島金策屋島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android