コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隅田八幡画像鏡 すだはちまんがぞうきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隅田八幡画像鏡
すだはちまんがぞうきょう

和歌山県橋本市隅田八幡宮に古くから所蔵されている日本製の青銅鏡。国宝。銘文があり,日本の金文の最古のものとして重要である。読み方については諸説があるが,「癸未年八月日十,大王年,男弟王,在意柴沙加宮時,斯麻,念長寿,遣開中費直,穢人,今州利二人等,取白上同二百旱,作此竟」とある。癸未年については,323,383,443,503年説がある。この鏡の原型として,大阪府八尾市郡川古墳から出土している神人歌舞画像鏡がそれであるという説が有力である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

隅田八幡画像鏡の関連キーワード和歌山県橋本市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android