コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隅田八幡画像鏡 すだはちまんがぞうきょう

1件 の用語解説(隅田八幡画像鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隅田八幡画像鏡
すだはちまんがぞうきょう

和歌山県橋本市の隅田八幡宮に古くから所蔵されている日本製の青銅鏡。国宝。銘文があり,日本の金文の最古のものとして重要である。読み方については諸説があるが,「癸未年八月日十,大王年,男弟王,在意柴沙加宮時,斯麻,念長寿,遣開中費直,穢人,今州利二人等,取白上同二百旱,作此竟」とある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隅田八幡画像鏡の関連キーワード隅田八幡神社和歌山県橋本市隅田町芋生和歌山県橋本市隅田町河瀬和歌山県橋本市隅田町霜草和歌山県橋本市隅田町垂井和歌山県橋本市隅田町中下和歌山県橋本市隅田町中島和歌山県橋本市隅田町平野和歌山県橋本市隅田町真土和歌山県橋本市隅田町山内

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone