コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隅田八幡画像鏡 すだはちまんがぞうきょう

1件 の用語解説(隅田八幡画像鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隅田八幡画像鏡
すだはちまんがぞうきょう

和歌山県橋本市の隅田八幡宮に古くから所蔵されている日本製の青銅鏡。国宝。銘文があり,日本の金文の最古のものとして重要である。読み方については諸説があるが,「癸未年八月日十,大王年,男弟王,在意柴沙加宮時,斯麻,念長寿,遣開中費直,穢人,今州利二人等,取白上同二百旱,作此竟」とある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone