コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

階名唱法 かいめいしょうほうsolmization

翻訳|solmization

大辞林 第三版の解説

かいめいしょうほう【階名唱法】

個々の音を階名で歌う方法。長調の主音をド、短調の主音をラと歌う。各調によってドの音高が異なるため、移動ド唱法ともいう。 → 音名唱法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の階名唱法の言及

【階名】より

…今日でもフランスではウト,レ,ミ,……,イタリアではド,レ,ミ,……がそのまま音名として使用されている。旋律に階名を当てはめて歌うことを階名唱法といい,ドを各調の主音として歌うことを〈移動ド唱法〉,ドレミ……をハ音上に固定させて事実上音名として歌うことを〈固定ド唱法〉という。【土田 英三郎】 西洋音楽以外の諸民族の音楽においても,音階の理論があって,その個々の名称が存在するときには,それを階名ということができる。…

【ソルフェージュ】より

…内容としては楽典(音楽理論,和声分析,調分析),聴音(音の聴取と記譜),ソルフェージュ(楽譜の視唱,各種音部記号,音程,フレージング,ニュアンス等の総合的な学習),種々な方法によるリズム練習等がある。 ソルミゼーションのシラブルの用法には固定ド唱法(音名唱法の一つで,ドをつねにハ音に固定して歌う唱法)と移動ド唱法(階名唱法ともいい長調の場合には主音をドとし,短調の場合は主音をラとして歌う唱法)の2種がある。固定ド唱法はイタリア,フランスで行われている。…

※「階名唱法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

階名唱法の関連キーワードグィード・ダレッツォグィード・ダレッツォグイード・ダレッツォトニックソルファソルミゼーションヘクサコード定旋律主音音高

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android