コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

階段断層 カイダンダンソウ

デジタル大辞泉の解説

かいだん‐だんそう【階段断層】

ほぼ同じ走向傾斜をもつ多くの正断層が、一方から順にずり落ち、断面で見ると階段状を呈するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいだんだんそう【階段断層】

比較的接近して並走する断層群によって地層が断ち切られ、階段状にずれた状態。また、その地形。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の階段断層の言及

【断層】より

…走向は互いに平行であるが位置が系統的にずれている場合は雁行断層(またはエシェロン断層)という(図3-b)。正断層が平行して発達し,地層が階段状にずれている場合は階段断層という(図3-c)。逆断層が平行して発達している場合,地層は互いに覆いかさなるため覆瓦状断層と呼ばれることもある(図3-d)。…

※「階段断層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

階段断層の関連キーワード神奈川(県)広沢寺温泉木曾山脈丹沢山地地層地形

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android