隠しファイル(読み)カクシファイル

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

隠しファイル

ユーザーに見えないファイルのこと。システムが利用するファイルなどは、ユーザーが誤って変更や削除をしないように、標準では非表示になっている。Windowsでは、ファイルの属性で簡単に隠しファイルに設定できるので、複数のユーザーで共用するパソコンでは、他人に見せたくないファイルやフォルダーを手軽に隠す方法としても使える。隠したファイルを再表示するには、「フォルダー オプション」の表示設定で、隠しファイルを表示するかどうかを設定できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かくし‐ファイル【隠しファイル】

hidden file》コンピューターのファイルを一覧表示した時、そのままでは表示されないファイルのこと。システムに関するファイルなど、安易に書き換えてはいけないファイルに設定されることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パソコンで困ったときに開く本の解説

隠しファイル

OSの重要なファイルなどを間違えて移動や削除しないよう、存在はするけれどユーザーからは見えないように設定されたファイルのことです。ウィンドウズでも、標準設定だと隠しファイル(不可視属性)に設定されたファイルは画面上に表示されません。ただし、「フォルダーオプション」の設定を変更することで、薄く半透明状に表示されるようになります。
⇨ファイル

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android