コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠し包丁 カクシボウチョウ

デジタル大辞泉の解説

かくし‐ぼうちょう〔‐バウチヤウ〕【隠し包丁】

料理で、食べやすいように、また、早く火が通るよう、材料の裏側に包丁で切れ目を入れること。しのび包丁。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

かくしぼうちょう【隠し包丁】

料理で、材料の見えない部分に切れ目を入れること。火の通りをよくし、味を早く浸透させる。ふろふき大根などに用いる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かくしぼうちょう【隠し包丁】

料理で、盛りつけた時に見えない所に包丁目を入れること。食べやすくしたり、火の通りをよくするために行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隠し包丁の関連キーワードかめない、飲み込めないときの食事調理法料理

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隠し包丁の関連情報