切れ目(読み)キレメ

デジタル大辞泉「切れ目」の解説

きれ‐め【切れ目】

切れてできたあと。「包丁切れ目を入れる」
続いて並んでいるものの、とぎれたところ。「行列切れ目
継続して行われている物事の、いったんとぎれるところ。ひと区切りついたところ。「仕事の切れ目」「文章の切れ目
物事や関係などの尽きた時。「金の切れ目が縁の切れ目
[類語]ひび割れひび分け目裂け目小口切れ口割れ目継ぎ目節目亀裂ミシン目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android