コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切れ目 キレメ

デジタル大辞泉の解説

きれ‐め【切れ目】

切れてできたあと。「包丁で切れ目を入れる」
続いて並んでいるものの、とぎれたところ。「行列の切れ目
継続して行われている物事の、いったんとぎれるところ。ひと区切りついたところ。「仕事の切れ目」「文章の切れ目
物事や関係などの尽きた時。「金の切れ目が縁の切れ目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きれめ【切れ目】

物の途中で切れている所。
物事のひと区切り。段落。 「話の-」
物事のなくなる時。終わり。 「金の-が縁の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

切れ目の関連キーワードレガート[legato(伊)]マッカレル・タビーチェーンスモーカーカイザーゼメル区切り・句切りホットドッグ商いは牛の涎引っ切り無しランドルト環リーフエッジ合間を縫う句読を切るメタルラス句切り符号せん掻きレガート隠し包丁ハイフン捩り蒟蒻

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

切れ目の関連情報