隠れ蟹(読み)カクレガニ

デジタル大辞泉の解説

かくれ‐がに【隠れ×蟹】

十脚目カクレガニ科のカニの総称。甲はほぼ円形で、雌は甲幅約1センチ、雄はその半分以下。体は乳白色で柔らかい。ハマグリカキなど二枚貝外套腔(がいとうこう)内に寄生する。オオシロピンノ・クロピンノ・カギツメピンノなど。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくれがに【隠れ蟹】

カクレガニ属のカニの総称。甲は丸く無毛で柔らかい。雌は甲長7ミリメートル 内外で、雄はきわめて小さい。二枚貝・巻貝・ナマコ・ホヤなどの外套腔や肛腔内に入り込み、餌を横取りする。本州以南に分布。ピンノ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android