乳白色(読み)にゅうはくしょく

色名がわかる辞典の解説

にゅうはくしょく【乳白色】

色名の一つ。わずかに黄色みのある乳のようなのこと。温泉の湯の色を形容するとき「乳白色」がよく使われる。また、半透明のアクリル板の色名などに用いることがある。画家藤田嗣治ふじたつぐはるの描く肌色を評して「乳白色の肌」というのは有名。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にゅうはく‐しょく【乳白色】

乳のような不透明な白色。ちちいろ。「乳白色の靄(もや)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうはくしょく【乳白色】

ちちのように不透明な白色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にゅうはく‐しょく【乳白色】

〘名〙 乳汁のような不透明な白色。ちちいろ。
※内科撰要(1792)八「一方に右の乳白色の液を以て磠砂精に滴し加て、其精乳白色となり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乳白色の関連情報