コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマ

デジタル大辞泉の解説

はま【×蛤】

はまぐり」の略。「焼き

はま‐ぐり【×蛤/文蛤/×蚌】

《「浜栗」の意という》マルスダレガイ科の二枚貝。内湾の砂泥地にすみ、は丸みのある三角形で、殻長8センチくらい。殻表は滑らかで、黄褐色に褐色や紫色の模様のあるものが多い。北海道南部より南に分布。養殖もされる。殻は貝細工胡粉(ごふん)の材料。 春》「からからと―量る音すなり/松浜」
[補説]日本の在来種は、昭和時代末より干潟の減少や水質汚染などによって急減しており、平成24年(2012)環境省レッドリスト絶滅危惧Ⅱ類に指定された。国内で食用として流通するものの多くは、近縁種チョウセンハマグリ・シナハマグリ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うむき【蛤】

ハマグリの類の古名。うむがい。 「尋ねて海の中に出でます。仍よりて-を得たり/日本書紀 景行訓

はま【蛤】

〔もと女房詞〕
「はまぐり」の略。 「焼き-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蛤 (ハマグリ)

学名:Meretrix lusoria
動物。マルスダレガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蛤の関連キーワード蛤能く気を吐いて楼台をなす其の手は桑名の焼き蛤日向はまぐり碁石都賀の座敷箒異類求婚譚蛤御門の変畠山 錦成奠稲・糈米雌雄軒双蛾毛利敬親前橋びな佐竹直衛池内陶所磐鹿六鴈貝を作る久坂玄瑞真木和泉蚶貝比売護王神社禁門の変

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛤の関連情報