隠喩としての病(読み)インユトシテノヤマイ

デジタル大辞泉の解説

いんゆとしてのやまい〔インユとしてのやまひ〕【隠喩としての病】

《原題Illness as Metaphorソンタグの評論集。1978年刊。癌(がん)を患った著者が、病(やまい)に関する多様な隠喩を分析し論じる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android