コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評論 ヒョウロン

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐ろん〔ヒヤウ‐〕【評論】

[名](スル)物事の価値・善悪・優劣などを批評し論じること。また、その文章。「時局を評論する」「文芸評論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうろん【評論】

( 名 ) スル
物事の善悪・価値などについて批評し、論じること。また、それを記した文。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の評論の言及

【批評】より

…批評(または批判)を意味するクリティークcritiqueの語源は,ギリシア語のクリノkrinō(判断する,裁く)に由来する。A.ラランドの《哲学辞典》によれば,批評とは,ある一つの原理または事実を評価するために検討することである。批評的精神とは,いかなる命題も,みずからその命題の価値を検討することなしにはけっして受け入れない精神である。その場合に,命題の検討が内容について行われるときには内的批評critique interne,問題の命題の起源について行われるときには外的批評critique externeというと同辞典は付け加えている。…

※「評論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

評論の関連キーワードアレクサンドル・コンスタンチノヴィチ ヴォロンスキー絵のように/明治文学と美術M. ベークブデルシアターアーツ平林 初之輔かな書きの詩野口 久光グールモン水野 晴郎木内 信胤滝口 修造河上徹太郎意識産業論長広 敏雄佐藤 重臣現代文芸論石川喬司高安月郊阿部知二花田清輝

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

評論の関連情報