コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠翅虫/羽隠虫 ハネカクシ

デジタル大辞泉の解説

はね‐かくし【隠虫/羽虫】

甲虫目ハネカクシ科の昆虫の総称。体長5~30ミリ。体は扁平で細長い。前翅(まえばね)は非常に短く、後ろ翅はその下に小さく畳み込まれ、腹部の後方が露出している。幼虫・成虫とも昆虫や腐肉を食べ、アリと共生するものもある。アオバアリガタハネカクシなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

隠翅虫 (ハネカクシ)

動物。ハネカクシ科の昆虫の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

隠翅虫/羽隠虫の関連キーワード火傷虫動物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android