コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隣居 りんきょ

知恵蔵の解説

隣居

2つの世帯が、別住宅で隣り合って住む形態のこと。狭義には、1つの敷地内に別棟を建てて、親子や兄弟の世帯が分かれて住む形式を指す。しかし、近年は2世帯住宅の発展で、建物は1棟だが、内部は台所はもとより玄関や浴室もすべて別々になっている形式が増えてきた。この形式から別棟形式までを含めて、広義に隣居という。俗にいう「スープの冷めない距離」に住むのは近居といい、歩いて10分程の距離間が目安。隣居は、同居と近居の中間として位置付けられる。

(小林秀樹 千葉大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

隣居の関連キーワードバッサー・カレッジ都市公園法衛星都市今泉蟹守

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隣居の関連情報