コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

となり となり

大辞林 第三版の解説

となり

( 連語 )
〔格助詞「と」に断定の助動詞「なり」の付いたもの〕
状況・理由の説明の意を表す。…というのだ。…ということである。…というわけである。 「仏の御為に、伽藍を建立せん-・なり/今昔 1
伝聞の意を表す。…ということである。…という話だ。 「光明皇后の御殿の屛風に書置せ給ふ-・なり/浮世草子・俗つれ〱 4

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

となりの関連キーワード音程[interval]三鷹の森ジブリ美術館Green Birdアランソン(公家)ああわが家井上あずみ野口すみえ浮世草子岩割れ水乳繰る隣する御隣事格助詞蠅叩き目安書連分数健歩驩愛賑給裏腹

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

となりの関連情報