(読み)トナリ

デジタル大辞泉の解説

となり【隣】

並んで続いているもののうち、最も近くにあること。また、そのもの。「の席」「町」
左右両側にある家。また、その家の人。「留守をたのむ」

りん【隣】[漢字項目]

常用漢字] [音]リン(呉)(漢) [訓]となる となり
〈リン〉となり。となりあう。「隣家隣国隣室隣人隣接近隣四隣善隣
〈となり(どなり)〉「隣近所両隣
[補説]「鄰」は異体字。
[名のり]さと・ただ・ちか・ちかし・なが

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

となり【隣】

居住の近接に伴って形成される社会関係のうち,とくに日常的に接触交流の大きい家をいう。向こう三軒両隣,壁隣かべどなり),一隣(いちどなり),隣家(りんか),両隣家などともいう。これら特別な名称で呼ばれる隣の家は,ある家にとっての周囲の家すべてではなく,特定の家に限定されるのが普通である。町場や街村では,道路向かい側正面とその左右の3軒と,自分の家の並びの両側2軒の計5軒を向こう三軒両隣と称して,なにかにつけつきあうことが多いが,一般的には隣は2軒である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

となり【隣】

〘名〙
① 並び続いているもののうち、そのもののすぐ近くにあるもの。
※法華義疏長保四年点(1002)一「隣(トナリ)賢にして聖に亜(つ)ぐを賢と曰ふ」
② 特に、並び続いているすぐ両横の家。隣家。
※万葉(8C後)一四・三四七二「人妻とあぜかそをいはむしからばか刀奈里(トナリ)のきぬを借りて着なはも」
※俳諧・笈日記(1695)上「秋深き隣は何をする人ぞ〈芭蕉〉」
③ 境が接している所。また、接近している場所・地域。
※書紀(720)敏達三年七月(北野本訓)「朝庭を欺訛きまつれり一つなり。隣(トナリ)の使を溺殺せり二つなり」
④ 時間的あるいは抽象的に連続しているもののうち、ある時点・事柄の前後に接しているものをいう。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「雪のただいささか散るに、春のとなり近く梅の気色見るかひありてほほゑみたり」

とな・る【隣】

〘自ラ五(四)〙
① 互いに並ぶ。並び続く。
※愚管抄(1220)六「太白・木星・火星となり、西の方によひよひすでに犯分に三合のよりあひたりけるに」
② 家が並び続く。家が隣接する。
※雑俳・柳多留‐一八(1783)「医者ととなってじゃうふだんおこされる」
③ 境界が接する。土地続きになる。
※大唐西域記長寛元年点(1163)七「居人豊楽(ゆたか)にして邑里相ひ隣(トナレ)り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【郷里制】より

…――里正は兼ねて農桑を課植し,賦役を催駆す――。四家を隣となし,五家を保となす。保に長あり,もってあい禁約す〉と規定されている。…

※「隣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報