コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雀のミサ

デジタル大辞泉プラスの解説

雀のミサ

オーストリアの作曲家W・A・モーツァルトミサ曲K220[196b](1775-76)。原題《Spatzenmesse》。全3楽章。題名はヴァイオリン独奏で雀のさえずりに似た高音域の音形があることに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

すずめのミサ【雀のミサ】

《原題、〈ドイツ〉Spatzenmesseモーツァルトのミサ曲の通称。ハ長調。全6曲。1775年から1776年にかけて作曲。全3楽章。バイオリン独奏で雀のさえずりに似た音形があることに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

雀のミサの関連キーワードオーストリア

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android