雀の帷子(読み)スズメノカタビラ

デジタル大辞泉の解説

すずめ‐の‐かたびら【×雀の帷子】

イネ科の一、二年草。各地の道端や原野に生え、高さ10~25センチ。葉は線形。淡緑色の卵形の穂を円錐状につける。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すずめのかたびら【雀の帷子】

イネ科の一、二年草。家の周囲などに多い。葉は線形、基部は鞘となる。高さ約20センチメートル。ほぼ年間を通じて頂に円錐花序をつけ、卵形で緑色またはわずかに紫色を帯びた小穂をつける。ニラミグサ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android