原野(読み)ゲンヤ

大辞林 第三版の解説

げんや【原野】

人間の手が加えられていない野原。自然のままの荒野。地目の一。

はらの【原野】

野原。げんや。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原野
げんや

自然の草や低木が生えている、平らで広々とした野原や荒地のことをいい、未開発状態にあることを意味することが多い。日本では、扇状地性の洪積台地に、原野であった昔の名残(なごり)として、野や原のつく地名が多い。武蔵野(むさしの)(関東地方南西部)、相模原(さがみはら)(神奈川県中央部)、那須野原(なすのがはら)(栃木県北部)などはその例である。北海道には泥炭を伴う湿原地が多く、原野の呼称を残す所が少なくない。広大な根釧(こんせん)原野(根釧台地)、天塩(てしお)原野(天塩平野)がよく知られている。熱帯で乾期と雨期の交代する地域に発達するサバンナや、砂漠の周辺地域に発達するステップなどは代表的な原野で、一般に遊牧や放牧が行われている。旧ソ連地域南部、アメリカ合衆国のグレート・プレーンズ、アルゼンチンのパンパ、オーストラリアなどのステップには、肥沃(ひよく)な黒色土や栗(くり)色土が堆積(たいせき)しているので、世界的な小麦地域や牧羊地域が発達している。[壽圓晋吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原野の関連情報