雁殺し(読み)がんころし

大辞林 第三版の解説

がんころし【雁殺し】

〔雁を殺せるほど勢いが強い意〕
石投げの道具。中間を網のようにしたひも。網状の部分に小石をのせ、ひもの両端を同じ手で持ち、数回前後にふってから、目当ての方へ向けて一端を離し、石を勢いよく飛ばす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android