中程(読み)ナカホド

デジタル大辞泉の解説

なか‐ほど【中程】

ある期間・時期のまんなかのあたり。なかごろ。なかば。「来月の中程までには参ります」「宴会の中程で呼び出される」
物の位置や距離のまん中のあたり。「車両の中程までお詰めください」
程度の中くらい。「クラスで中程成績

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なかほど【中程】

(ある時間・期間の)なかごろ。中途。なかば。 「試合の-で雨が降り出す」
(ある場所の)真ん中の方。中央。 「もっと-へお詰め下さい」
中くらいの程度。 「成績はクラスの-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中程の関連情報