コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一法 イッポウ

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ぽう【一法】

(‐パフ) 一つの方法。「相談してみるのも一法だ」
(‐ポフ) 仏語一つのもの。一つの存在。また、唯一絶対の真実としての涅槃(ねはん)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぽう【一法】

〔歴史的仮名遣い「いつぱふ」〕 一つの方法。一つの手段。 「それも-と言える」
〔歴史的仮名遣い「いつぽふ」〕 〘仏〙 一事。一物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一法の関連キーワードゲイ=リュサックの熱膨張の法則ヤング‐ヘルムホルツの法則折り伏せ縫い・折伏せ縫いガリレイの慣性の法則エネルギー保存の法則ニュートンの諸法則ガリレイの惰性法則メンデルの分離法則フィックの第一法則割り接ぎ・割接ぎヘーリングの法則ルミノール試験楕円軌道の法則アムバール法則ケプラーの法則法(社会規範)プランクトンブリリアント分離の法則散らし書き

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一法の関連情報