一法(読み)イッポウ

デジタル大辞泉の解説

(‐パフ) 一つの方法。「相談してみるのも一法だ」
(‐ポフ) 語。一つのもの。一つの存在。また、唯一絶対の真実としての涅槃(ねはん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

歴史的仮名遣いいつぱふ 一つの方法。一つの手段。 それも-と言える
歴史的仮名遣いいつぽふ 一事。一物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (:パフ) ひとつの方法。一方法。
※俳諧・俳諧十論(1719)二「爰を一字録のおほむねにして、時宜の一法は立たる也」 〔荀子‐王覇〕
② (:パフ) 一つのきまり。一つの掟。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ (:ポフ) 仏語。
(イ) 一つの事物。一つの存在。
※妻鏡(1300頃か)「思いと思ふ心、成しと成す態(わざ)、一法(いっポフ)として無常に不帰云事なし」 〔別訳雑阿含経‐四〕
(ロ) 唯一絶対の真実。涅槃(ねはん)
※蔗軒日録‐文明一八年(1486)正月六日「賛云、塵劫未事、尽在即今、一法不立処、重観世音」 〔南本涅槃経‐三一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一法の関連情報