コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団平和 しゅうだんへいわcollective peace

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団平和
しゅうだんへいわ
collective peace

インドの J.ネルー首相が,1954年下院演説で展開した考え方。ネルーはアメリカの東南アジア条約機構 SEATO結成の動きに反対し,これまでの集団安全保障は,ときとして集団戦争準備にほかならない。目指すべきは集団平和であり,それは単に世界平和の擁護に助力するだけでなく,どんな状態でもその地域の平和を維持するという考え方である。世界平和は,そのような平和地域の拡大によってもたらされると説いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

集団平和の関連キーワードアジア太平洋集団安全保障条約提案

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android