コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団平和 しゅうだんへいわcollective peace

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団平和
しゅうだんへいわ
collective peace

インドの J.ネルー首相が,1954年下院演説で展開した考え方。ネルーはアメリカの東南アジア条約機構 SEATO結成の動きに反対し,これまでの集団安全保障は,ときとして集団戦争準備にほかならない。目指すべきは集団平和であり,それは単に世界平和の擁護に助力するだけでなく,どんな状態でもその地域の平和を維持するという考え方である。世界平和は,そのような平和地域の拡大によってもたらされると説いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

集団平和の関連キーワードアジア太平洋集団安全保障条約提案

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android