擁護(読み)ようご

精選版 日本国語大辞典「擁護」の解説

よう‐ご【擁護】

〘名〙
① かばいまもること。たすけまもること。庇護(ひご)
開化のはなし(1879)〈辻弘想〉初「造物主が、毛といふものを濃く生やし、容易(たやす)く傷も受ず、炎(あつ)き日にも照らされず、寒き風にも中(あ)てずして、大切に(ヤウゴ)せられしもの」 〔漢書‐陳湯伝〕

おう‐ご【擁護】

〘名〙 仏語。仏、菩薩などが人の祈願に応じて守り助けること。
※菅家文草(900頃)二・夢阿満「南無観自在菩薩、擁護吾児大蓮
※高野本平家(13C前)六「大法秘法の効験もなく、神明三宝の威光もきえ、諸天も擁護(ヲウゴ)したまはず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「擁護」の解説

【擁護】ようご

かばって守る。〔漢書、陳湯伝〕單于(しつしぜんう)~の、呼韓(こかんや)(単于)を擁して、を助けざるを怨み、江乃始等を困辱す。

字通「擁」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android