擁護(読み)ヨウゴ

  • おうご

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)侵害・危害から、かばい守ること。「憲法を擁護する」「人権擁護

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。仏、菩薩などが人の祈願に応じて守り助けること。
※菅家文草(900頃)二・夢阿満「南無観自在菩薩、擁護吾児大蓮
※高野本平家(13C前)六「大法秘法の効験もなく、神明三宝の威光もきえ、諸天も擁護(ヲウゴ)したまはず」
〘名〙
① かばいまもること。たすけまもること。庇護(ひご)
※開化のはなし(1879)〈辻弘想〉初「造物主が、毛といふものを濃く生やし、容易(たやす)く傷も受ず、炎(あつ)き日にも照らされず、寒き風にも中(あ)てずして、大切に擁護(ヤウゴ)せられしもの」 〔漢書‐陳湯伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android