コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇い止め法理 ヤトイドメホウリ

2件 の用語解説(雇い止め法理の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やといどめ‐ほうり〔‐ハフリ〕【雇い止め法理】

有期労働契約において使用者が客観的・合理的な理由なく契約更新を拒否すること(雇い止め)を違法とする考え方。労働者保護の観点から形成された判例法理で、そのような場合、契約は更新されたものとして扱われる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

雇い止め法理

有期労働契約でも、更新手続きがいい加減だったり、雇用が続くという期待を保護するべきだと考えられたりする場合には、合理的な理由がないと雇い止めにできないというルール最高裁判決で確立している。裁判では仕事内容や更新回数、雇用期間、使用者の言動などが総合的に判断される。

(2011-10-14 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雇い止め法理の関連キーワード有期労働契約好い加減気がいい有期契約労働者有期労働者改正労働契約法有期雇用者労働契約法と中途解雇会社分割と労働契約労働契約書

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone